AGAの症状と対策について

テレビCMなどで「AGA」という言葉を耳にする機会があると思いますが、30代を過ぎた男性で薄毛に悩まされている人のほとんどがAGA(男性型脱毛症)だと言われています。

AGAを発症する主な原因は男性ホルモンで、男性らしい身体を作るためには欠かせない男性ホルモンの「テストステロン」と前頭部や頭頂部に多く存在する酵素の「5α-リダクターゼ」が結びついてできる「ジヒドロテストステロン」という男性ホルモンが原因です。



そのため最初は前髪のあるおでこ(前頭部)の生え際や頭頂部の抜け毛から始まり、対策をせずに放置しておくと薄毛が進行して前頭部と頭頂部の薄毛がつながってしまうこともあり、最終的には頭皮に産毛だけが残る状態になります。

病院で治療を受けるとこの5α-リダクターゼの働きを抑制する効果のある内服薬が処方され、この薬で8割近い人の症状が改善したというデータもあるようです。

風邪のように放置しておくと自然に治ることもある病気と違い、AGAは対策をしないと症状は必ず進行していきます。
そして対策を始める年齢が遅くなるほど改善するまでにも時間がかかると言われています。

名古屋のAGAについて学ぶならこのサイトは外せないでしょう。

ちなみに「薄毛は遺伝する」と言われており、確かに遺伝は大きな要素になります。
しかし実際には薄毛になりやすい体質が遺伝するのであり、そこに食生活の乱れなど髪にとってよくない生活習慣が加わることで更に症状が悪化すると言われています。

朝日新聞デジタルの詳細は専用ホームページで紹介しています。

まずはバランスのよい食事を摂ることをめざし、病院での治療も受けるようにしましょう。